発酵+ナノ化にこだわったエイジングケア化粧品|ケレキュアネ

ケレキュアネ
 

ケレキュアネ 商品情報コラム

田七人参の大いなる可能性について

田七人参イメージ主原料として目を付けたのが、健康食品としてとても評価の高い「田七人参」でした。
一般的に野菜として食べられている人参はセリ科、田七人参は朝鮮人参などと同様、薬草として用いられているウコギ科の人参です。植えてから収穫までに3~7年もかかることから、三七人参とも呼ばれています。

中国雲南省の海抜1500~2000メートルの高地で栽培され、地中の栄養分を吸収する力が極めて強く、いったん収穫すると、その後その土地は10年間雑草も生えないほどにやせ細ってしまうと言われています。
量産できないため、中国では古来から「金不換」、つまり「お金に換えられない」と言われるほど珍重され、一部の特権階級の人しか口にすることができない希少品でした。
現代においてもその希少性は高く、特に「有機JAS」「IFOAM」などのオーガニック認証を取得した田七人参はさらに生産量が少なく、入手困難なものとなっています。

その田七人参の持つパワーを最大限引き出すために、数ある発酵抽出方法において「3種の乳酸菌とビフィズス菌」を選定。
独自の発酵技術によりその可能性を最大限引き出し、世界初、田七人参発酵エキス(整肌)として化粧品に配合することに成功しました。

田七人参発酵エキス(整肌)には、主成分である25種類のサポニンをはじめ、有機ゲルマニウム・フラボノイド・デンシチン・アルギニン・鉄分・ビタミンA・カルシウム・タンパク質・各種アミノ酸などが豊富に含まれています。
特に注目すべき「サポニン」は、高麗人参(朝鮮人参)の4~5倍含まれており、その天然の界面活性作用で、角層への浸透性を高めお肌を整えます。

エイジングケアを変える「田七人参」の力

田七人参(でんしちにんじん)は飲むものだと思っていませんか?
田七人参の主成分であるサポニンを始め、フラボノイド、各種アミノ酸等はお肌にも有用です。
サプリメントだけでなく、化粧品に配合してそのパワーを生かしたい!という思いから、この化粧品開発プロジェクトはスタートしました。

協力会社の研究開発者と検討を重ね、たどり着いたのが「発酵技術」。
発酵において大切にしたことは、

  1. 食して大丈夫なこと。
  2. 食経験の長い安全な菌で発酵し、有効性を高めながらも肌にやさしいこと。

そこで、数ある発酵抽出方法の中から「3種類の乳酸菌とビフィズス菌」を選択し、独自の発酵方法で田七人参の持つその整肌力を最大限引き出すことに成功しました。

「田七人参発酵エキス」は2014年化粧品新規原料として、INCI※1および日本化粧品工業連合会※2に登録され、世界初、田七人参発酵エキスとしてケレキュアネに配合されました。

※1. INCIとはInternational Nomenclature of Cosmetic Ingredientsの略。
「INCI名」とはINCIの命名法ルールに基づいた成分名で、アメリカの化粧品協会のパーソナルケア製品委員会(PCPC)が公表している化粧品成分の国際的表示名称のこと。
INCI登録名: Bifidobacterium/Lactobacillus/Streptococcus/Panax Notoginseng Rhizome/Root Extract Ferment Filtrate
※2. 日本化粧品工業連合会登録名:(ビフィドバクテリウム/乳酸桿菌/ストレプトコッカス)/サンシチニンジン根茎/根エキス発酵液

ケレキュアネ ラインナップ

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

QR

ページトップへ